ブログ

結果を変えたかったら…

頭がショートするくらい
いろんなことを考えて
いろんなことを書き出して
さらに…やっているうちに

頭が混乱していくことって
過去、何度かあったこと

ありとあらゆることをやり尽くしたか?
まだ、できることはないか?
まだ、やっていないことはないか?

この3つは
いつも自分自身に問いかけること
そんなとき
マンダラシートを眺めていて
手帳を眺めていて
フッと思ったこと

これ、もう一度やってみようかな

約50分

思ったよりキツい
でも、マンダラシート書き始めて
この目標設定用紙書いて

見えてきたもの

よく、夢を鮮明に描けば
自分が望んでいること明確にしていけば
目的を決めて取り組めば

なんて、本にも書いてあったり、自分自身でも事あるごとに
多くの人に伝えること
誰もが

ですよねぇ〜
もう一度やってみますっ

でも、やらない人が多いし
やろうとしても、キッと圧倒されたり、先送りしたくなるもの
それって

習慣

が、そうしているだけで
自分自身でも、ここまで書いて未だに気付くことがあること
改めて

基本に忠実に

ってこと
定期的にそこへ

立ち返ること

大事なんだと痛感を

ある一つの目標を達成するために
最高目標
中間目標
絶対できる目標
今回の目標

もちろん、その前に〆切を決める

ひとつの目標ではあるけれど
形あるもの
数字にできるもの
数字にできないもの
それぞれある

自分自身のこと
自分以外の人のこと
社会、地域への貢献もある

無意識でつくった、この会社を立ち上げるときの

事業計画書や資金計画書

読み返してみると
そのすべてが盛り込まれてた

成功の分析や失敗の分析
メンタル
スキル
健康
生活
ここを見直してみた

こうしてしまったら失敗する
それをやってはいないけれど
成功するための取り組み、ここがまだ足りていないこともわかった

予想される問題
その解決策

分かっていながら
その解決策への取り組みがまだまだ足りなかった

さらに、ルーティン行動
これも、ある時期20個くらい取り組んで
1ヶ月500ポイントを設定して徹底してやった
何年もできたので
やらなくなっていたけれど
改めて、こうして書き出すと

やれること
やっていないこと
やらなくなったこと明確に

なによりも大切な

期日目標
これって、アクションステップとして取り組んでいたけれど
手帳にも書き出してきたけれど
まだまだ精度が悪かったし
こだわりが薄くなっていた

やれること、やるべきこと

まだたくさんあることに気づいた
たった

1枚

書いただけなのに

キッと、これをもらったとしても圧倒されて
そのうち
時間あるとき
なんて言いながら、書かない人のほうが圧倒的に多いんだろうなぁ

たしかに
これをみるだけでも圧倒されるし
書けるだろうか?
ちょっと意味がわからない
なんて思うかもしれないけれど

でも、多くの人が
必要だと思って、分かってること
これが

潜在意識

にある人とない人
あきらかに行動が違うし、考え方が違う
だから
見ているものが違う

結果

そこに現れるものなんだと改めて書いてみて思った

不思議と、書いた途端

リビングの電灯の掃除
キッチンや寝室などなど
気になっていたところの掃除を始めた(汗)

これも、その効果(汗)



まだまだキレイにできるところたくさんある
自分がちょっとした時間でできるところたくさんある

気持ちよく過ごしてもらいたい
気持ちよく過ごしたい

確かに建ててから
23年が過ぎた家だけど
でも、まだまだキレイに使えるだろうし、キレイ

先日、阪神大震災が25年という報道をメディアでみながら
あのときに岐阜に車を走らせるなかで
目の当たりにした光景
今でも忘れない

もし、鹿児島で?
あえて、この軽量鉄骨にしたのもそれ
起こり得ること

そんなこんなで、月曜朝
普段通り過ごしながら
でも、これを1枚書いたおかげで
早速
会社全体に新たな指示を

外に目を向けるのでなく
やっていないことに目を向けるのでなく
新たに何かをすることに目を向けるのでなく
まずは

やっていなかったこと
やれること
あるものに

今一度目を向けて目標達成を

病院時代、まずはそこからいつもやっていたこと
何もない、人もいないところから
まずは
目の前にいる人らに
出来る限りのことをやり尽くす毎日だったこと

次の病院でも
会社作っても

ないなら、そこにある長机をベッド代わりにしてテーピングを
ないなら、マット敷いてそこに寝てもらって
それでも
目の前の人らの信頼をつかんできた
まずは

そんな想いからいま一度

仁サロンYouTubeチャンネルはこちら

コラボ
【コラボ】iPadを使って本をノンストレスで読もう!|南九州三和

iPadを使って本をノンストレスで読もう! 日頃から本を持ち ...

続きを見る

-ブログ

Copyright© 仁サロン , 2020 All Rights Reserved.