マガジンスチール

2013525日からスタートして、現在No.244のマガジンスチール(旧メルマガ)を発信してきました。(2019年6月時点)

メルマガを始めたキッカケは、毎週スタッフらに配信してきた「レバレッジゲーム」これがキッカケです。(レバレッジ概要についてはこちら)

 

本を読む時間がない。
なかなか読んでも理解できない。
読んでも実践できない。

 

などなどさまざまな声を聞きながら、なんとかしたいと思い始めたレバレッジゲーム、それでも同じような状況になってしまう。

ということは、多くの人らがそうやって思っていても、なかなか活用できないのでは?そう思い自分が主宰していた「仁誠塾」のメンバーさんらに聞くと、まったく同じ状況。それらの意見を聞いて、さらに完結にできないだろうか?と考えているうちに、このメルマガを思いついたわけです。

 

どうしたら、読んだ本をもっと活用できるか?

 

そこから考えて、多くの人らが抱えている問題を解決できるヒントになる本は?そういう考えのもと選別していきます。
これまでは本の重要な部分を紹介していましたが、それらをさらに
5分の1の量に抑え、さらに最重要な部分だけを抽出する。
それだけでもより、実践しやすくなるのですが、実際に経験や体験していないので、活用しがたいということで、そこに私の経験や体験を盛り込んでいき、より具体的にイメージできるようにしたものが、このメルマガです。

1冊の著書をたった数ページで活用できるものに、そう思い工夫して作成しています。
また、その著書の「三本柱」と称して、私自身最重要なことは?と探して、
3つの要点について、具体例を挙げて作成しています。
実際に私の身に起こったことを中心に、その三本柱の重要性と活用方法をイメージしやすいようにしています。

 

そして、せっかくの本を実際に日常の自分に活用するためには「問いかけ」これが重要になってきます。
ただ、本を読んだとしても、じゃあそれをどうやって活用するか?ということになると、なかなか活用できません。
そこで、三柱一つひとつに対して「
3つ」の問いかけをつくり、その問いに答えることで、自分なりに何をすればいいか?その行動を引き出していきます。

あとは、その引き出された行動を計画に盛り込んだり、週間、日々のスケジュールに入れ込み、実行していくだけ。というものになっています。

その後の見直しなどは、さらに毎週配信される著書にヒントが見つかると思います。

 

毎週配信してきて気づいたことがあります。
それは、情報量が多く、
1週間ではなかなか実践までたどり着かないという人が多かったのですね。
そこで、このサロンでは、10日に1回の配信をすることで、より日々の行動に活かせるようにしていく工夫をしています。

日常の仕事や家庭の出来事に役立つ内容、また人生の計画や仕事の計画などに役立つ内容、そして、なによりも「これから」に生かすことのできる内容になっていると自負しています。

 

あなたは1冊の本を読むのにどれくらいの時間を、日数を費やしていますか?
その時間をもっと仕事や日常の自分に生かすための行動に変えてみませんか?

会員の皆様には、専用スマホアプリを通して、通知の受け取り、バックナンバーの閲覧が出来ます。

2019年5月4日

Copyright© 仁サロン , 2019 All Rights Reserved.