ブログ

あっち側に戻りたくないから…すぐ動く

昨日は、毎週金曜日朝やっている動画撮影から


この1ヶ月で20本以上の動画が完成しつつ


考えるよりも…まずはやる

すぐ動くこと

なんせ、この20数年で得た最強の習慣

即、行動すること
スピード感もってやること

それができるのも
失敗を恐れない…というより失敗の数が遥かに多い(汗)
理解されないことを恐れない
めんどくさいからこそ、先にやる

なんせ
後悔したくないし
後ろめたさや罪悪感持ちたくないから
とりあえず

やる

あとは、量が質を高めてくれる

人って不思議なもので
考えているうちに、いろんな

言い訳

思いつくもの
合わないとか、今ではないとか
優先すべきことがとかとか

それで、今の状況?
それで、新たな状況を作ろうとしてるんだろうか?

それは、できないこと
それが理解できたら、あとは

すぐ動き
いかに動き続けれるようにするか
だけ

それだけを考えているうちに
言い訳はなくなった

戻りたくない自分

それがいるから
朝、会社に早い時間に来ると必ず昔の自分と出会う

20代前半
自分がいた場所は、あっち側だったこと
あの辛さに比べたら
今、どんなに辛いと思うことあったとしても
あの辛さには勝てない

なりたくない自分

その危機感が
自分を動かしてくれていること間違いない

終わり、今度はツボ社長と色々と

わかるぅ〜
あるある〜

ウソ

経営者であれば、これに悩まないことってないもの
ほとんどのクレームって
そこから生まれるもので
その対応をするのもお仕事(汗)

だよねぇ〜って話してたら
なんと、ツボ社長の鍼灸に通っているお客さんに彼がいたらしく

古田先生っ
そう呼ぶ彼(汗)
そう、20代後半病院時代に出会った彼
当時、神陵文庫というところで働いていて
半端ない医学書を買い続けていた自分の担当だったこと
病院を移っても通ってくれ
さまざまな新書を、洋書を持ってきてくれた

18年ぶり

数ヶ月前メッセンジャーでやりとりし
会おう
で、ツボ社長から彼が会いたがっているという話を聞いて

変わってないですねぇ〜

今は、ラグーナ出版というところで働いているらしく

株式会社ラグーナ出版

 

精神疾患を抱えた障害を持つ人らを雇用して
本を製作して出版しているって会社って類を見ないらしく
今後、色々とオンラインサロン共にやっていけそうな話で

そこへ、ハウスメーカーの藤野社長も登場
匂いを嗅ぎつけたのか(笑)
彼のところは、母親が精神科専門の訪問看護ステーションをしていて
またまた

つながった

人と人が繋がり
自然と事業と事業が繋がっていく
その繋がりを

形にしていくコミュニティ
それが
仁サロンってことで

早速、今朝のひと言1,934ページはあるから
これ5冊の本にしようかっ(笑)
って話しつつ

藤野社長も今、次男と動画を活用したモデルルームに挑戦中

音楽もバッチリらしく
映像もなかなか編集能力上がってきたようで
ご満悦


これを作るために完徹したり、朝までやっているのを
何回も見てきた
その道に進むという夢を持っているからできること
もちろん、これも仁サロンの事業の一貫
ただ…収益は彼に(笑)

世間は…4連休?
でも、こうして朝から打ち合わせに来てくれる相手がいてくれ
明日は、一緒に走る仲間がいて
月曜と火曜も打ち合わせや面接、動画撮影などなど
何も変わらぬ日常で

こうして朝早く
みんなが来る前にこのテーブルに座っていること

このルーティンに沿って日々やれること
本当は、一番安心できること

夢に一歩近づくための行動

それが毎日、毎朝できること
だから、休日だろうが平日だろうが
それは

年中夢中

ってことで、自分も納得したうえで(汗)

これもまた日常
先日、次男が作ってくれたパエリア
冷蔵庫に残っているの見てリメイク

追いトマト?チーズを混ぜて
リゾットに
これが大ヒット?だったらしく
2回楽しめるパエリアに

そして、先週テレビで見て早速Amazonに
高級カニカマ?
カニカマハナコさんが出てる番組見て

すぐ行動(笑)

唐揚げやサラダ、そして味噌汁に

あとは定番になりつつある
揚げないチキン南蛮や鶏モモ肉野菜オイスターソース炒めなどなど

昨日は、奥さんに

残った鶏モモ肉は
ネギ塩焼きに

そんなこんなで
あっという間に今週も終わり
今週も、大きな決断もあったり動いたり

動くこと
動き続けること

それさえ忘れずにやれてれば
必ず
道は拓ける
これまでもそうだったように、これからも

ただ…それによって
毎週すべきことが…先延ばしに(汗)
それ…これからやろうかな

仁サロンYouTubeチャンネルはこちら

コラボ
【コラボ】iPadを使って本をノンストレスで読もう!|南九州三和

iPadを使って本をノンストレスで読もう! 日頃から本を持ち ...

続きを見る

-ブログ

© 2020 仁サロン