ブログ

人への想い…ここでやろうよ!

今朝は、戦略会議
からの医療事務開講式で夢について1時間ちょい
7時からひたすら10時30分過ぎるまで

怒りはないんだけど
久々に、思いっきり

叱った

もちろん、感情はコントロールしたうえで
本来は、言わないでいいことだったんだけど
年初めも、散々伝えたこと
この17年伝え続けてきたこと、社名にも、企業理念にも書いてある

ヒューマン=人

ここへの想いから全てが始まったこと
それがあったから始められたこと
絶対に忘れないで欲しい
そこを中心に考えてやって欲しい
いちばん訴えてきたこと

どうしても譲れないこと

何度でも、何年でも、いつでも言い続けていく
そう決めたこの1年

本当の孤独
本当に一人っきりになるってこと
将来の可能性も見えない
どうしていいかわからない

膝は痛いし、走れないし
これまでできていたことが何もできない
たった一人で
トラックに乗るしかなかったこと
それ以外、何も思いつかなかったこと

あの苦しみ
あの挫折感

事業がうまくいくとか、売上が上がるとか
そういうこと以前に
もっと人に対する想い
そこで動いてもらいたい

世の中の流れに逆行してる?
働き方改革に逆行してる?
そんなの今の時代ナンセンス?

散々言われてきたけれど、そうは思わない
結局、最後に頼るのは

遠慮なく頼れる関係
頼られる関係
それがあったらなんでもできるもの
そんな想い引きづりながら
次は

みなっさ〜ん
夢ありますかぁ〜
行きたいところはぁ〜

話す中で、どうしても
教員チームへの取り組みの話になる
今の自分の土台を作ってくれたもの

ボランティア

そんな単純な関わりではなかったこと

自分に想いというものを植え付けてくれた面々
何年経っても、何回みても
自分が涙してしまう(汗)

自分がもっているもの、培ってきたもの
すべて惜しみなく渡してきた

この白チャンともたまたま昨日LINEやりとりしながら
今月会おうという話に
それもあったからだろうか

香港の大会で初めて会って

なんだ?このトレーナーは?

それが彼の私の第一印象(笑)
松葉杖で歩けなくて、でもちょっとテーピング巻いたら?
走り出して(笑)
何年も会うことなくても、すぐに昔の関係に戻れること

先日の、中学生の県大会でベスト4に
教えているチームが残ったお祝いLINEかねて

この人らがいたから
この人たちとやれたから

そんな関係を築いていってもらいたい
やめたUくん
鹿児島に帰ってくるときに

ボランティア見学させてください

そこからの付き合い
たとえ、やめたとしても
何年も毎週レバレッジのやりとりはしている
それも

想い

ってところから
立ち上げの何もない焼け野原から一緒にやってくれた
あのころ
みんなで20時間くらい働きながら築いてきた

起きているのか、寝てるのか
わからないくらいにやった
そこに、患者さんが、選手が、スタッフがいたから
やれたんだろうし

これから作っていくぞぉ

ってものがあったから

ここから先は、作っていかないと
これまでの既存の整骨院、ビジネスモデル
それでは成り立たないのは誰もがわかっていること
だから
その全体図を改めて作った

それらの取り組みすべてを
オンラインサロンへ持ち込んだ

100、200
数えれば、それくらいのアイテムはある
それをどう出していけばいいのか?
まだ見えないところもあるけれど

でも、見えているものたくさんある
病院時代に、出会ったK体大のトレーナーだったKくん
20歳だったあのころ

トレーナーの姿

トコトン見せたし、見てもらった
会社を立ち上げるとき、2人で鹿屋のフィットネスクラブの2階にある
体育館で
ストーブ1個でとことん学生さんの相手をした

あの想い

それら目の前でみて、いっしょにトコトンやったKくん

なに、遠慮してんのよっ(笑)
トコトンやれよっ

フィジカルに関しては
右に出る人間はいない
自分も含めて

ここで作らなきゃ!
それを、しっかりとメソッドとして仕上げよう
ってことで

誰だって自分を見失うときもあるし
目指しているものが見えなくなってしまうときはある
だからこそ

それを先につくってきた
忘れてもらっちゃ困る(笑)

とまぁ今しがた
やっぱ、男の涙いいなぁ(笑)
泣いて、笑って付き合える
そんな仲に
自分ではなく、他のスタッフらがなれるよう

そんなこと思いながら
テツ社長…
社内トラブルで大変そうで
しばし待ち(笑)

さて、明日も寒いようで
明日は、オッサンらと朝から桜島へ
その前に
今夜は
遅ればせながら、古田家の恒例の節分を(汗)
長男もレセプトなどで大変そうで、何より(笑)

-ブログ

Copyright© 仁サロン , 2020 All Rights Reserved.